わかやまITカーニバルに行ってきました

この記事は OIC ITCreate Club Advent Calendar 2015 13日目(12/13)の記事です。

こんにちはー
初めて投稿します、カワムラーンです!
あんまりITのお話じゃないですがよろしくお願いします・・・

12月12日にわかやまITカーニバルという和歌山で初めてのITイベントに参加しましたー
しかもイベントのスタッフとして参加させていただきました!

スタッフということで、早めに来て準備をしないといけないので
朝7時半に起きて1時間電車に揺られて和歌山大学へ・・・

さっそく準備に取り掛かるわけですが、
その前にわかやまITカーニバルのTシャツを貰いました!
和歌山はみかんの収穫量日本一ということで、綺麗なみかん色をしたシャツをもらいました!
準備にwifiの設置やスピーカーの設置など技術や機械的なことをするものが多々ある中、
私は運よく掃除とお菓子やコーヒーメーカーを並べる担当になりました
某ITCreate部の合宿で皆がお菓子を並べる苦労と拘った理由をひしひしと感じました・・・

というわけで一時間~二時間かけて試行錯誤した結果です
S__7217193
S__7217192

もし次並べる機会があるならば、カップの置き方とゴミ箱の配置をどうにか改善したいです・・・

同じ部屋のお隣では『みかんBAR』なるものが出来上がっていきましたが、
なかなか見ることの無いみかんの量でした!しかも取り放題!
S__7217195
机にある分だけじゃなく、机の下にもまだ段ボール箱がありました!

これで準備が終わったわけですが、相方の人が一番最初のハンズオンに出たいということで
少しスタッフとして見回りしてから行くことに・・・

最初のハンズオンはRubyで組み込みをするというものでした!
隣でCoderDojoが行われていて、子供たちがキラキラしながらコード打ってたけど、
Rubyボードの参加してる方々も子供のようにキラキラしながらやってるのが印象的でした!

それが終わって仕事をし始めようとしていたときに、
次のハンズオンの人たちや他のスタッフの方々が、
せっかく学生さんが来てくれたんだからハンズオン参加しなよー!
と言われたので相方と参加することに・・・

次のハンズオンはLocalWikiパーティという名前のもので、
『LocalWiki』というのはそれぞれの地域のwikiみたいなもので、
例えば、大阪市のLocalwikiがあったとしたら、大阪市の〇〇のお店の〇〇が美味しかった!
とか、大阪市の〇〇から見る景色が良い!とかそういうのを書き込んでいく、
サイトを皆で作ろう!といったものです

そこで実際やってみようと言うことで、和歌山大学のLocalwikiを作るために外へ・・・
少し周って、和歌山大学のカフェを取材しましたが
店員さんに話しかけるタイミングってやっぱり難しいですねー
何が一番売れてるだとか、店名だとかを聞いてまとめました
書いたのは相方ですが・・・
実際に書いたのがこちらです!
https://ja.localwiki.org/wakayamauniv/

あとはスタッフとして、机や配線を片付けて、
懇親会に行かせていただきました!

このイベントに参加させていただいて、
1つのイベントするにもこんなに大勢の人たちが関わっているのを知れて良かったですし、
LocalWikiというものがあるというのも知れて本当によかったです

最後に、わかやまITカーニバル2016も開催するはずなので、
皆さんも一緒に参加してみませんか!?
あとLocalWikiも一緒に盛り上げましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です