本の紹介です

この記事はAdvent Calendar 2015 15日目の記事です。
http://www.adventar.org/calendars/1034

技術書以外の本も結構面白いですよってことで今回は僕が最近読んだ自己啓発本を2冊紹介します。

学び続ける力 ――池上彰 著
http://www.amazon.co.jp/dp/4062881888/ref=cm_sw_r_tw_dp_R0eCwb0W6A56K

まんがでわかる 7つの習慣 ――フランクリン・コヴィー・ジャパン 監修
http://www.amazon.co.jp/dp/4800215315/ref=cm_sw_r_tw_dp_G2eCwb1E3638S

この2冊です。

――学び続ける力が欲しいか

『学び続ける力』は祝賀会の記念品として頂きました。
銀行員だった池上先生のお父さんの話から始まり、池上先生が大学で教鞭をとっていたことや先生自身が大学生のときの話など、自身の経験を交えながら自分で勉強を続けることの大切さが記されています。
僕は大学を卒業してからこの本を読むことになりましたが、読んだ後は大学に戻って勉強し直したいと未練が湧いてしまいました。

インサイド・アウト

『まんがでわかる 7つの習慣』は人格を育てることの大切さを記している本です。
「自分は頑張ってるのに周りが付いて来てくれない」とか
「あいつ人の話聞かねーな」とか
「なんとなく人生上手くいかない」とか思うことありませんか?
そういうときに「他人が悪いのが原因だ」と思ったりしないで、自分の中で考え方と行動を変えることで結果を引き寄せようとする姿勢が大切だと書かれています。
システム開発演習の前にこれを読んで良かったと思っています。

銀の弾丸ではない

上の2冊は僕が実際に読んで良かったと思ったので今回紹介しました。
ですが、この本を読めば確実に人生が好転するというわけではありません。
現在特に悩んでることが無かったり、問題の解決方法が分かっているならこの2冊に限らず自己啓発本を読む必要は無いでしょう。
でももし、自分ではどうにもならない壁に直面した時や特に理由のない憂鬱に襲われたなら、気晴らし程度の感覚で読んでみてはいかがでしょうか。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です