Raspberry Piでミニ四駆を動かす(その1)

OBの二段階右折です。仕事は忙しいながらもなんとかやってますよ。
もう部活に行くことが出来そうにないのでここを僕の活動の場にしようかなと思い、投稿しますよ。

・会社に課題を設定することを強いられているんだ

なんかね、自分で目標を設定してね、上半期と下半期の査定の時に達成できたかどうかを報告しなきゃダメなんだよね。
まぁどうせやるならITCっぽく、かつ1年生の参考になりそうなことをやろうかなと。
そういうわけで「Raspberry Piでミニ四駆を動かします」って言っときましたよ。

・Raspberry Pi3……!?完成していたの……?

僕が在学中のときは2が発売で話題になってましたけどね。
今やWifiとBluetooth内蔵ですよ。
「Raspberry Pi 3 Model B」発表のお知らせ
こいつをミニ四駆に積んで動かそうという計画です。

・ミニ四駆はどんな自由な発想で作ってもいいんだ

今回は企画編ってことでざっくりとした構想を書きますね。
ラズベリーマシン構成図
だいたいこんな感じです。
手元のデバイスでマシンがリモートコントロール出来るのって面白そうじゃないですか。
あえてのAndroid端末ですよ。
在学中にやり残したAndroidのBluetoothにもう一回挑戦してみます。
難しそうなのはRaspberry PiでBluetoothを制御するのとモーターへの電圧を調整するための回路ですかね。

・きざいをかう

とりあえずRaspberry Pi関係の機材は買いましたよ。
DSC_0400
右:RAVPower モバイルバッテリー
中央:Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット (Element14版, Clear)-Physical Computing Lab
左:ELECOM microUSBケーブル 2A出力 高耐久 0.2m
バッテリー重てぇ……。

・これからの記録

1週間ごとに作業を進めて、進捗を記事にしようと思います。
誰かに見られてるって思わないと真面目にやらないので。
7月と8月の2ヶ月で完成できればなんとか査定には間に合います。……休日出勤が無ければ。
1年生にはRaspberry Piの遊び方のチュートリアル的なものになればいいかなぁと思っています。
↓これを読めば大体のことは出来るんですけどね。
これ1冊でできる!ラズベリー・パイ 超入門 改訂第2版 Raspberry Pi Model B/B+/2対応

次回は初期設定編になりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です