OSXのターミナルのbeep音を変更してみた.

ターミナルとか使っていると”デンッ”ッて感じの音がなりますよね?
なんか可愛くないので他の音に変えてみました。

beep音の設定を書き換える

soundファイルはAIFF形式じゃないとダメだと思います。

Linuxをルータにしてトラフィックの監視を行う

こんにちわ。まにゅです。
ネットワークの可視化について独自で研究していこうと思います。

Linuxをルータ化する

topology

現在のネットワーク図はこのようになっています。
また、中央にあるサーバには、DHCP, DNS サービスを稼働させています。

このネットワークのパケットの流れ

今回は192.168.25.0/24のネットワークが主役です。
Wi-Fiと書いていますが、ただの経路として見ればいいです。

さてパケットの流れはこうなり
smartPhone -> (Wi-Fi) -> SRV(eth2) -> SRV(eth1) -> gateway -> internet
eth2: 192.168.25.0/24,
eth1:192.168.24.0/24

SRVをルータとして動かしてパケットを転送しなければなりません。

IP forward. インターフェース間のパケット転送

なんかデフォルトではインターフェースからインターフェースへパケットの転送をしないらしいので、
転送を行うように設定します。

/etc/sysctl.confのコメントアウトを外す

そしてコマンドで有効化

これでパケットを転送出来るようになりました。

ルーティングテーブル

192.168.25.0/24が存在しています。
しかし、192.168.25.0/24ネットワークノードから192.168.24.1 (Internet gateway)にpingが飛びません。
gatewayのルーティングテーブルに192.168.25.0/24のルートが入っていないからです。
というか今の設備だと出来ないので、SRVでIP マスカレードを行います。

IP マスカレード

iptablesの設定でOK。

送信元が192.168.25.0/24ならIP マスカレードを行う。

これでポート変換が行われSRVから出るすべてのパケットの送信元は192.168.25.1になります。

パケットの監視

パケットは絶対にルータを経由しますので、
tcpdumpで経由するインターフェースを監視していればデータが取れるってことです。

bind9でFQDNの登録

現在自宅サーバをおいています。
外部公開しているhttp server(oicicre.dip.jp)があるんですが、
ローカルからドメインでアクセスするとGIPで接続することになってルータにアクセスしちゃいます。

DNS serverも建てているのでoicicre.dip.jpをローカルからアクセスした場合は、
ローカルのweb serverにアクセスするようにします。

bindの設定

FQDNということで複雑に考えていたんですが、
dip.jpから見るとサブドメインでも、oicicre.dip.jpから見るとドメインになるんですよね。

IMG_7137

では弄っていきます。

named.conf

db.oicicre.dip.jp

db.emptyをベースに作ります。
$ cp db.empty db.oicicre.dip.jp

テスト

以上になります。

MacOSでmanページを日本語化

OSX Marvericsでmanページの日本語化してみた。

日本語に対応してるgroffのインストール

デフォルトのgroffだと日本語に対応してないのでhomebrewでgroffをインストール

brewで入れたgroffをmanが使用するように設定

/etc/man.conf

これで日本語が表示できる環境になったので、日本語のman-pagesを追加します。

manファイルの追加

ja-man-doc(FreeBSD)

OSXはBSDベースなので,man-pageはBSDのを入れます。
ファイルがEUCなのでUTF-8に変換して設置します。
ja-man-doc(FreeBSD) -> JMANC

これで日本語のman-pageが表示できます。

参考資料

http://tukaikta.blog135.fc2.com/blog-entry-224.html

ITCreate部 筋トレ部門

ITクリエイト部 筋トレ部門

ITCreate部には筋トレ部門も存在します。
日々、筋トレを繰り返していて今日も元気に筋トレをしています。

デスマリオネット法の開発

今日は新しい筋トレ方法を開発していました。
指を鍛えるトレーニングなのですがまだ筋トレ方法は確立していないみたいです。
IMG_7128

カード配り実装について

アレ
(見づらい)

サーバ側からクライアント側にRPCでカードを生成し、クライアント側からサーバ側にRPCで受け取り結果を送り返す。

他メモ

ipアドレスいちいち入力するの面倒なのでローカルのアドレスを取得する方法

少ないオーダーでカードをシャッフルする方法

Minecraftの勉強会を行う予定。

6/24日 Minecraft勉強会!

6/24日にMinecraftの勉強会を行います。


Programming in Minecraft by ITCreate

Minecraftでプログラミングをしてみよう!

目的

  • 普段“プレイ”するだけのゲームを”作る”という立場から開発を経験する。
  • Javaで作成されたMinecraft Forgeを利用してプログラミングを経験する。
  • プログラミングの経験から、“作ること”について興味を持ってもらう。

イベント内容

日付

6/24(火) 16:30 〜 18:00 (18:00以降も作業OK)

場所

5D-1教室, 5D-2教室

スケジュール

時間 内容
16:30~16:50 挨拶、内容説明
16:50~17:30 Mod作成
17:35~17:50 ITC作成Modで雪合戦
17:50~18:00 まとめ

switchの使用回数を減らしたじゃんけんゲーム

なぜ作ったか?

C言語の課題で作らされるじゃんけんゲーム。
考えられる実装方法としてはswitchの中にswitchを3回書いて合計9回書くという方法。
めんどくさいので、入力の識別に1回使うだけのプログラムを考えました。

コード

まにゅたんです。

こんにちは。

ITクリエイト部副部長のまにゅたんです。

楽しいことが好きです。

よろしく。